FC2ブログ

ほんわかバタバタな日
トールペイント・ドール・手芸・クラフトロボ・パソコンetc. いろいろな事の覚え書き帳です

ニードルタティング

こんにちは。

前回の塗り絵の水彩色鉛筆の記事で使っていた水筆が
ダイソーで売っていました。
「水彩用 筆ペン」という名前で売ってました。

左がぺんてるの水筆
右がダイソーの水彩用筆ペン」
筆の太さが一種類しかなくて、
小より大きいですが、試しに使ってみるにはいいのではー。


前回の水彩色鉛筆の記事→

1_01_20180517202614077.jpg




さて、今日は、タティングレースです。
タティングレースで使うシャトルですが、
ダイソーでも売っていますが、
セリアでも売っています。

セリアで売っているシャトルは、
使ってみたら、とっても優秀でした。
サイズが大と小がありますが、
太い糸で作る時は大。
細い糸で作る時は小。
mmm的には、小がお気に入りです。

1_02_20180517202616d29.jpg







最近、こんな本が発売されました。
シャトルではなく、ニードル(針)を使って、タティングレースを作ります。
シャトルで作るより、ニードルで作る方が簡単な気がします。









本も日本で、たぶん2冊しかでていません。
なので、ニード(針)もなかなか売っていません。
本の中で紹介されているネットショップで購入しました。

3号、5号、7号、8号の4本、
糸通しが2種類
針のケースが入っています。

1_03_20180517202617fa2.jpg






さっそく、40番のレース糸で7号のニードルで
作ってみました♪
シャトルで作るより、やっぱり簡単な気がします。
目も揃うし、何といっても、間違えた時に
簡単にほどけるのがいいです♪
そして、早くできる気がしますー♪
1_04_20180517202619de5.jpg





40番のレース糸ではありますが、
本をみながら、たくさんできましたー。
本当は、60番や80番のより細い糸で作りたいのですが、
まずは、練習♪、練習♪。

1_05_2018051720262112d.jpg




ではでは、
80番のレース糸で、8号のニードルを使って
作ってみたいと思います。
1_06_2018051720262220d.jpg




このニードルには、絶対糸通しを使わないと
糸は通せません。
かなり力を入れてひっばらないと通せませんが、
ニードルに付属していた糸通しは、優秀です。
普段使っている糸通しを使ったら、
一階で、壊れました💦
いまところ、壊れていませんが、この糸通しさんが
壊れたどーしましょー💦
1_07_20180517202623e5b.jpg




タティングレースの編み図です。
やじるしの方向に編んでいきます。
一筆書きのような順番で編んでいくのですが、
どこか、パズルみたいで、頭使います。
なので、間違いも多いのです。
1_08_2018051720262520d.jpg



ニードルにこんな感じで、絡ませていきます。
1_09_20180517202626e53.jpg





ここまでやったら、輪にします。
1_10_20180517202628944.jpg




輪になりましたー。
これをリングといいますー。
1_11_20180517202629e1e.jpg




こんなかんじの事をくりかえして、ここまでできましたー。
ここまでできましたが、
40番のレース糸で作った時とは大違いで、
かなり、苦労しました。
糸が細くなると、勝手がちがうみたいですー。
1_12_20180517202631741.jpg




いきなり80番でやるのは、無謀だったかもと思って、
60番でやってみました(左)
でも、かなり、苦戦しました。
これなら、シャトルの方が楽かもーと、
シャトルでも、作ってみました(右)

同じ60番の糸でも、
ニードルで作ったもの(左)と
シャトルで作ったもの右()では、
大きさや雰囲気が違いましたー。

結局、シャトルで作ったものが一番早くて、
1時間でできました。
他のものは、数時間かかりました💦
1_13_201805172026327d4.jpg



ということで、
結局、シャトルで作る事にしましたー。
40番ではニードルタティングの方が作りやすかったけど、
60番、80番は、シャトルで作ったほうが、作りやすい気がしました。
ニードルタティングには、限界があるのかもしれません。

1_15_201805172026352bd.jpg




それでも、ニードルタティングでいっぱい練習したおかげで、
今までわからなかった事が理解できるようになってましたー。
1_16_20180517202637310.jpg




それでも、タティングレースはまだまだ
わからないことがいっぱいです。

1_17_20180517202638670.jpg




かなり、出来上がってきました♪
1_18_20180517202640419.jpg




最初に作ったものにつなげながら、進んでいきます。
1_19_201805172026425dc.jpg





シャトルだと、間違えるとベテランさんならできるのでしょうが、
mmmは解くことができないので、間違いは許されません💦
ドキドキで真剣です💦
1_20_201805172026433b8.jpg



完成でーす。
ありっ?
ニードルタティングしてるはずが、
シャトルで作ってました(笑)

1_21_20180517202718453.jpg




でも、ニードルタティングでいっぱい練習したから、
60番でこのレースが作る事ができた気がします。
1_22_20180517202719c93.jpg




使う目的は特にありません(笑)
とにかく、作ることが楽しいタティングレースなのでした。
1_23_201805172027218cc.jpg















関連記事
スポンサーサイト