FC2ブログ

ほんわかバタバタな日
トールペイント・ドール・手芸・クラフトロボ・パソコンetc. いろいろな事の覚え書き帳です

はじめてのチョークアート

こんにちは。
今日は、はじめてのチョークアートです。

きっかけは、トールペイントのハワイアン柄を探していて
こんな本を見つけたからでした。






トールペイントの図案として使えるかと思って買ってみましたが、
なんと、図案が載っていませんでした💦。

チョークアートは昔から、興味があったので、
せっかくなので、
これをきっかけに、少しやってみようかと思いました。

チョークアートに使う画材は、
オイルパステルというものでした。

とりあえず、本に載っていた、比較的安価な
「ぺんてる 専門家用 オイルパステル 49色50本セット」
を買ってみました。




使い心地はクレヨンみたいです。
クレヨンとの違いは・・・
クレヨンは、顔料とワックスが混ぜられて作られているのに対して、
オイルパステルは、顔料とオイルの含有量が多く、クレヨンに比べて
柔らかく、混色や重ね塗りができて、指でくるくる撫でると、
グラデーションを作ることができます。

1_01_20180227191115f5f.jpg





はるか昔、使ったかどうかも記憶にない「サクラクレパス」は、
なんと、オイルパステルの部類だそうですー。
とはいいえ、本格的なオイルパステルよりは、
混色しにくいらしいとのことです・・・

そして、おゆまるの色付けとして使えると買っておいた
「ダイソーのオイルクレヨン24色」も
オイルパステルに含まれるそーです。
びっくり、びっくり。

1_02_20180227191117e43.jpg






あとは、チョークボードを作る下地材が必要です。
パステルジェッソチャコールを買ってみました。



あとは、トールペイントで使っているアクリル絵の具の黒。

左側は同じジェッソと言う名前なので、
こちらも使えるかも。
1_03_20180227191118ff8.jpg




こちらの下地材は、パステルジェッソ チャコール。
そして、初めてのチョークアート。
初めてではあるものの、トールペイントと比べると
不満だらけな仕上がりです💦

1_04_201802271911201c6.jpg





こちらの下地はトールペイント用アクリル絵の具の黒です。
今度は、うさぎさんを描いてみました。
トールペイントでは出せない雰囲気で、
トールペイントに比べると
お手軽に描けた気がしましたー。

1_05_20180227191123044.jpg


これに気をよくして、
くまさんも描いてみました。

1_06_20180227191123e01.jpg


とはいえ、クレヨンのようなオイルパステルでは、
細かいところが上手く描けず、ちょっと、苦労してしまいました。

なので、トールペイントでも同じくまさんを描いてみました。
左がトールペイント。
右がチョークアート。

人それぞれ、お好みがあると思いますが、
チョークアートの方が、味があってかわいい気がしました。

1_07_20180227191132016.jpg


ということで、今度は、うさぎさんを描いてみました。
くまさんとうさぎさんの図案は、オリジナルではなく、
ビンテージのアメリカの絵本の図案を参考に描いています。

どうしても、オイルパステルでは細かいところが描けないということで、
色鉛筆を使ってしまいました💦
下地がオイルパステルがのりやすいような
ざらざらな感じなので、色鉛筆も使えました。

描けるのですから、色鉛筆使ってもいいですよねー。

1_08_20180227191133348.jpg


そーだ。
我が家の姫さま、ポメラニアンの
みかんちゃんを描いてみよー。

写真のアウトラインをトールペイントで使う、
グラファイトペーパー(消しゴムで消せるカーボン紙みたいなもの)
を使って下書き。
目のまわりや、お鼻のまわり、口や舌などは、
色鉛筆で描いてみました。

2_01_201802271911332d2.jpg



みかんちゃんが描けました。
どーでしょー。
2_02_20180227191147831.jpg



写真を見ながら、描きました。

1_09_20180227191133cad.jpg





お花やフードはトールペイントのほうが、描きやすい気がしますが、
色のブレンドは、トールでは難しいので、
指でくるくるするだけで、ブレンドできるオイルパステルは、魅力的です。

もう少し、動物は描いてみたいです。
1_10_20180227191133906.jpg



関連記事
スポンサーサイト