ほんわかバタバタな日
トールペイント・ドール・手芸・クラフトロボ・パソコンetc. いろいろな事の覚え書き帳です

羊毛フェルトの刺しゅう シーズー

こんにちは♪

前回、「わたわた」を使った羊毛フェルトの刺しゅうを
ご紹介しましたが、
今回は、「わたわた」を使わず、
最初から、羊毛を使って、刺しゅうをしてみます。

ところで、「わたわた」って、正式名称です。
「わたわた」って何?って、思っている方が多い事に、
最近気がつきました。





体からちくちく。

1_01



下絵のラインに忠実にちくちくします。
1_02




羊毛を細くとって、
1_03



お耳を
下絵のラインに忠実にちくちくしていきます。

1_04



やってみると、意外に、下絵通りにできました♪
1_05



お顔も、色別に下絵にそって、ちくちくしていきます。
1_06



縁取りするようにまわりをちくちくしたら、
中をちくちく、うめていきます。
1_07



こんなか感じになりました。
1_08



もう少し、ふっくらさせたいので、
ちぎった羊毛を上にのせて、
ちくちくします。
1_09




次は真ん中をちくちくしていきます。
1か所づつ、完成させてから、次に進むのが、
コツかもしれません。

1_10



お口周りも、まずは、
アウトラインをちくちくしていきます。

1_11



中も、ちくちくうめていきます。
1_12





さらに、他の部分とバランスがとれる高さになるよう、
モリモリします。
ちぎった羊毛をあらかじめ
軽くちくちく、まとめてから
1_13




のせて、ちくちく。
1_14




お口元も、
ぷっくりしました。

1_15



裏からも、ちくちくしておきます。
1_16




手を作ります。
ちぎった羊毛、ちくちくして、
1_17




くるくるまるめていきます。
手、二本分です。
半分に切って

1_18



ちくちく、つけていきます。
1_19




手がつきました。
体の長さに合わせてカットします。
1_20




カットした部分を使って、
手の先を作ります。
1_21





ちくちくちく。
1_22




手も完成しました。
下絵のシートを切れる範囲で、
ちょきちょき、切って、取り除きます。
1_23




残っている、下絵シートは、
綿棒に水をつけながら、
たたくように、水でしめられせて、
溶かします。
1_24




下絵シートが溶けました。
1_25



目と鼻をつけて、完成でーす。
1_26
 








関連記事
スポンサーサイト

羊毛フェルトの刺しゅう♪

こんにちは♪

前回のウール70%の毛糸を
羊毛フェルト化して作ったバッグに、
シロクマさんの、
羊毛フェルトの刺しゅうをしました。

1_01



こちらの本を見て作りました。




シロクマさんの羊毛フェルトの刺しゅうをする前に、
本を参考にしながら
羊毛フェルトの刺しゅうの練習をしてみました。

下絵は、水でとける下絵シートに
2_01



水で消えるチャコペンで
フェルトに写します。

1_02




下絵の線に忠実に、
わたたわをちくちくしていきます。

1_03



羊毛をちぎって、色つけして、
シートをハサミで切れるところは、
切りとって、
残りは、綿棒で、水をつけて溶かします。

完成です。
1_04



水で溶ける下絵シートは、
なんと、ダイソーでも、売っていました。

こちらは、シール状になっていて、
プリンターで、印刷こともできる、
すぐれものです。

1_05




下絵を写します。
1_06



ダイソーのライトと、透明のプラスチックケースで、
なんちゃってトレース台。
使うと、写しやすいです。

1_07



白の水性ボールペンで写しました。
シールになっているので、
固定されて、便利です。

1_08




図案通りに、わたわたを乗せて
ちくちくしていきます。

1_09



色をのせて
1_10



下絵シートの切れるところは、
ハサミで切ります。

1_11



切り取れなかったシートは、
水で濡らした綿棒で、
上からたたいて、溶かします。

1_12



完成しました♪
1_13



アルファベットの羊毛刺しゅうをして、
急に、やる気がむくむく。

過去に1度挑戦して、
難しくて、断念した
こちらの本に載っていた、
羊毛刺繍の図案でやってみました。






ブライスちゃんがバッグとして、
下げているくまちゃん。
1_14









溶ける下絵シートに下絵を写して・・・

わたわたをのせて
色をのせていきます。
1_16



細かいところは、わたわたをモリモリしたり、
色を付けたりしているうちに、
わからなくなってしまいますね。

1_17





見本の写真を見ながら、
1_18






細かいところを仕上げて
1_19







完成です。
1_20




下絵なしでも、できそうなので、
やってみました。

1_21



丸く、わたわたをちくちくして、
1_22




フエルトの後ろにでるくらい、ちくちくします。
1_23




目玉は、トールペイントでもよく使う、
丸のテンプレート定規を使って、
ちくちくします。
1_24




口元の丸をちくちく。
1_25




口元のぷっくりと、口を作って、
ほっぺをつけます。
1_26




こんな感じ。
1_27



アイラインと、目の白ポチをつけます。
1_28




頭と耳をつけて、
細かいところを整えて、完成。
1_29



わたわたを使うと、ぷっくりしてかわいいけど、
細かい絵には、不向きかもしれません。

1_30


ということで、別のやり方で、
再挑戦。

それは、また、次回に~










関連記事

毛糸のフエルト化 その2♪

こんにちは♪


以前、ウール100パーセントの毛糸を
洗濯機で何度も洗って、
フェルト化させて、カメラケースを作りました。

その時の記事→☆

今回は、
ウール70パーセント、アクリル30パーセントの
毛糸でも、
フェルト化できるか、やってみました。

ウール100パーセントより、フェルト化しにくいようで、
8回くらい洗いましたが、フェルト化できました。

もとは、57㎝×35㎝が、
フェルト化させて、
46㎝×30㎝に縮みました

これで、バッグを作ってみようと思います。

両端を毛糸で縫って、

1_01




底にはマチをつけました。
1_02




持ち手は、合皮持ち手テープを使いました。
穴をあけて
1_03




毛糸で縫い付けました。
1_04



バッグ完成でーす。

1_05




でもでも、ここで、
やりたかった、「アレ」をつけてみることにします。
1_06




つきましたよー。
そして、わっかになっている部分を
チョッキンします。

1_07


やりたかった「アレ」とは、
もふもふ、ファーでした。

1_08

このファーの作り方は、こちらの本を見ました。





ファーがついたせいで、少し、上に長くなりました。
その分、取っ手の付き位置が
下すぎになってしまいました。
1_09




なので、取っ手をとって、
付け直ししました。
穴を増やして、
1_10



より、しっかり付くように
縫い付けました。

1_11




こんな感じで付きましたー。
1_12




今度こそ、完成でーす。
って、いえいえ、
まだですー。

ちょっと、シンプルすぎるので、
さらに、羊毛刺繍をしようと思います。

1_13



どんな、図案にしよーかなー・・・

前に作ったくまさんの動物ポンポンをつけて、
イメージトレーニング。
     くまさんの動物ポンポンを作った時の記事→

1_14




この間作った、トイプードルの動物ポンポン。
1_15




ポメラニアンのブローチ。
  その時の記事
→☆
1_16




トイプードルのブローチ。
1_17





ポメラニアンの動物ポンポン。
    作った時の記事
→☆
1_18




バッグからお顔出してる風も
かわいいですね。

1_19  


さてさて、どんな、図案の羊毛刺繍をしましょうかー。
関連記事

ブースカ & 動物ポンポン

こんにちは♪

前回は、ずっと放置していた
チェブラーシカのミニチュアフレームが完成して
気持ちがとーっても、すっきりしました。

去年の暮れにもう1つ
放置していたものを
完成させました。

じゃーん!
さて、これは誰でしょう?

編みぐるみって、編むのは、どんどこ進むのですが、
組み立ての段階で、
やる気がなくなってしまいますぅ~

2_01



で・・・
そのまま、放置になってしまうのですね~

でも、がんばって、仕上げることにしました。

「ブースカ」です。

口の周りの白い部分の位置が悪かったので、
この後、
外して、付け直しました。

1_01
 




がんばりましたー。
目・鼻の穴、歯、おへそ、体の模様は、
本では、フェルトをボンド付けなのですが、
羊毛フェルトでちくちくしました。

なんだか、いかにも、ニセモノくさい
ブースカの完成です。
ちょっと、がっかりー。
2_02



後ろ姿はこんな感じ。
いちおー、我が家のお姫さま、
ポメラニアンのみかんちゃんのおもちゃにするつもりで、
頭と体に一つずつ、泣き笛をいれてあります。

2_03


こちらの本を見て作りました。





では、みかんちゃんと、ご対面です。
1_02



いやがってる?
1_03




コワイでしゅか?
1_04



仲良く並んで、お写真撮れました♪
1_05



ところで、「ブースカ」って、ご存じない方も
きっと、いらっしゃるのではないでしょうか。
子供の頃に見た、テレビのキャラクターです。
年がばれてしまいそうですね。
夫も「おっ、ブースカじゃん。」
なんて、反応してました。
1_06



もう1つ。
こちらは、いただきもので捨てることもできず、
放置していた毛糸。
ちょっと、変わった糸ですよね。

ポンポンメーカーを使って、
動物ポンポン、作ってみました♪

この糸の構造上だと思いますが、
ポンポンにしたあと、
すごく、毛が抜けて、大変でした。
1_07



トイプードルちゃんです。
目がずれてたり、
トリミング失敗したりして、
イマイチですが・・・

1_08


動物ポンポン考えた人って、
ほんと、すごいと思います。
一見、大変そうに見えるけど、
意外と、簡単に作れます。

羊毛フェルトの技術がちょっぴり必要なので、
羊毛フェルトの経験者でない方は、
ちょっと、とまどってしまうかもしれません。


こちらの本を見て作りました。


















関連記事

ミニチュアフレームの会 ③ワニのゲーナの部屋  チェブラーシカ

こんにちわ♪

前回、ダイソーの紙製パズルのお家を作った時に、
チェブラーシカとゲーナのフィギアを
久々に手にとったら
急に思い出しました。

フェリシモの
「チェブラーシカとゲーナのミニチュアフレームの会」。

全4回で、④は、チェブラーシカとゲーナのフィギア。
①と②は作りましたが、ずっと、放置していた、
③ワニのゲーナの部屋のキット。

何年も放置したままです。
いい加減、作らないと~♪

 1_01




中身は、こんな感じ。
半日でできるでしょーかー。
1_02



できましたー。
できましたけど、材料がギリギリすぎて、
足りなくなってしまい、
ティーポットを作ることができませんでした。

1_03




これまでに、作ったもの。

①くだもの屋さん
    ①くだもの屋さんを作った時の記事→

1_04



②電話ボックス
  ②電話ボックスを作った時の記事
→☆
1_05




そして、今回作った
③ワニのゲーナの部屋

①と②を作ったのは2012年で、
5年前でした。
1_06




やっと、全部作れました♪
1_07



やっぱり、チェブラーシカは、かわいいです~♪





関連記事

紙製パズル かわいいお家とかわいいお店♪

あけましておめでとうございます。

今年もほんわかバタバタな日のブログに
遊びに来てくださりありがとうございます。

のんびり更新ですが、
今年もどうぞ、よろしくお願いします。

1_01
 



前から気になっていて、年末に買っておいた
ダイソーの「紙製立体パズル かわいいおうち」
1_02



中身はこんな感じ。
わかりやすい作り方もついています。
1_03



切り込みがはいっているので、
手で押せば、はずれます。
細かいところは、目打ちを使いました。

1_04




100円だし、紙製なので、
それなりですが、
完成したら、
思った以上にかわいいです♪
1_05



大きさは・・・
みるちゃんには小さいお家でした。
ざんねん・・・

1_06



フェリシモの「チェブラーシカのミニチュアフレームの会」の
チェブラーシカとゲーナが、
ぴったりサイズでした。
1_07



どうでしょう。
1_08



ゲーナも気に入ってくれたみたい。
1_09


同じシリーズで、
こちらは、「かわいいお店 カフェ」です。
1_10



なかなか、かわいいです。

1_11



ワンダのちびっこにも、
ちょうどいい大きさです。
1_12



同じシリーズで、
こちらは、「かわいいお店 洋服屋さん」です。
1_13



はだかのちびっこさんが、
お洋服を買いに来ました。
1_14


結局、3つもできちゃいました♪
1_15



並べておくと、すごく、かわいいです~
1_16



でも、置いておく場所がないのでした~
困った・・・
2_01









関連記事