FC2ブログ

ほんわかバタバタな日
トールペイント・ドール・手芸・クラフトロボ・パソコンetc. いろいろな事の覚え書き帳です

チョークアート その5

こんにちは♪
今日は、また、チョークアートいきまーす。


チョークアートで、前回完成したコースターは、
お水にも強くなるよう、
つや消しスーパークリアーのスプレーを2回吹いて
バーニッシュのマットを2回筆で塗り、
ビーズワックスを塗りました。

   コースターが完成した記事→
1_20180424200821bb4.jpg



もう少し、チョークアートをやってみたくて、
こちらの本を買いました。






そして、この本に載っていたのが、こちらのモニークオリジナルチョーク。
すべての絵をこの29色のオイルパステルで描くそうで、
質もよさそうなので、買ってみました。

2_01_20180424200822cfd.jpg



使いやすいよう、空き箱に並べてみました(左)
このモニークオリジナルチョークは、
ぺんてるの専門家用オイル パステル(右)を
よりチョーク アートに適するように開発 された
オリジナルパステル だそうです。

2_02_20180424200824ee5.jpg






本をみながら、描いてみました♪
2_03_201804242008269a7.jpg





オイルパステルのいいところは、なんと、消しゴムで消せることなんです。
ノック式消しゴム(左)は、指のかわりに
色をブレンドするときにも使えるので、便利です。

そうなると、より、細いものだったり、すぐれたものが欲しくなります(右)
ノック式消しゴムも、直径2.3ミリの丸型のものや、
2.5ミリ×5ミリの角型ものなど、小さいのをみつけました。
これは、使えますー。
ねりけしゴムもいろいろありますが、
「文房堂 ネリゴム」はとっても優秀な子です。
2_04_20180424200827723.jpg













少し大きな作品を描いてみようと思います。
パステルジェッソを筆で塗ると筆あとが残りやすいです。
チョークアートにとって、筆あとは、かなり影響を受けてしまいます。
100均のスポンジローラーで塗ってみたら、
塗料を大量に吸うのでもっといい方法はないかと考えて、
スポンジで塗れるのではないかと、やってみたら、大成功でした。
これは、もしかして、トールペイントの時も使えるかもです。
ダイソーの8枚入りのスポンジを使いました。
それをさらに半分にカットして使いました。
これなら、使い捨てできそうです。

2_05_201804242008285c2.jpg





今回は、A4の大きさの板に描きました。
大きいと、描きやすいです。
2_06_201804242008304a1.jpg




コップのアウトラインの白が強すぎたかもです💦







2_07_20180424200831984.jpg



スポンサーサイト



チョークアート  その4

こんにちは♪

今日も今日とて、
チョークアート(オイルパステル)です。

これまで、家にあるトールペイントで使っている木材を使って描いていましたが、
本当は、チョークアートに的した木材は、MDFボードだそうです。

「コースターにしたい」というアドバイスを
いただいたので、
コースターサイズのMDFボードを購入しました。
10cm四方の真四角な板が、
なんと、なんと、6枚で100円。
ダイソーで売ってましたー。

前回描いたダヤンも、この板を使って描きました。
上段は、パステルジェッソを塗ったもの。
下段は、まだ、何も塗っていない状態。
残り、5枚も頑張って描きまーす♪

1_01_201803272021353b0.jpg








バックの色付けには、ダイソーのソフトパステルを使いました。

1_02_20180327202137701.jpg



くまちゃん、完成。
1_03_20180327202139218.jpg



うさぎさん完成。
1_04_2018032720214001e.jpg


うさぎさんのどアップ。

1_05_201803272021416da.jpg







細かいところがどうしても、うまく描けないので、
ダイソーで買ったオイルパステルならと、
思い切って、鉛筆削りで削って、尖らせてみました。

1_06_20180327202143aad.jpg





ダイソーのオイルクレヨンのみで描いた猫ちゃん。
お花は、アクリル絵の具で描きました。

先が尖っていると、めちゃめちゃ、描きやすいです。
他のオイルパステルも削れる勇気が欲しいですー。

1_07_20180327202144173.jpg




バンビちゃん。
ダイソーのオイルクレヨンを中心に、ぺんてるのオイルパステル、
サクラクレバススペシャリストも使って描きました。

1_08_20180327202146a79.jpg







前回描いたダヤンもバックもダイソーのソフトパステルで、
色付けしましたー。

1_09_20180327202147fae.jpg




コースター6枚完成しましたー。
1_10_2018032720214989e.jpg







チョークアート その3

こんにちは♪

今日もチョークアート(オイルパステル)です。

今日は、チョークアートらしく、
黒い板に描いてみます。

ピンタレストという、画像コレクションアプリでみつけた、
かわいい絵を描いてみたいと思います。

まずは、下絵を写して、ダーマトグラフ(油性色鉛筆)で
アウトラインを描きます。

2_01_201803202050164f7.jpg







くまさんを白のオイルパステルで、ぬりぬり。
影になる部分は、グレーのオイルパステルでぬりぬり。

2_02_2018032020501794b.jpg





下地が透けないよう、さらに、ぬりぬり。

2_03_20180320205019f1d.jpg




指で、なでなですると、
自然な感じに色が混ざります。
そんな感じで、描いていきます。

2_04_20180320205021a19.jpg






完成。
サクラクレパス スペシャリスト使用。
ウエルカムの文字は、ダーマトグラフ(油性色鉛筆)。
吹き出しと文字は、水性色鉛筆。
ドーナツの煙は、クーピーペンシル(全部が芯の色鉛筆)。

2_05_20180320205022582.jpg








ぺんてるオイルパステル使用。
ウエルカムの文字は、アクリル絵の具。

2_06_20180320205024085.jpg





この間のアニマルシリーズの続き。

サクラクレパス使用。
ねこさん完成。
お花は色鉛筆。

2_07_201803202050252cd.jpg





ひよこさん完成。
2_08_2018032020502716d.jpg




ひつじさん完成。
2_09_2018032020502850e.jpg




わんちゃん完成。
2_10_20180320205029997.jpg







4枚完成しましたー。
4枚くっつけて、壁に飾ろうかと考えています。

2_11_20180320205031f68.jpg





他にもやりたい事があるのに、
オイルパステルがおもしろすぎて、やめられなーい。

こんどは、わちふぃーるどのダヤンを
描いてみたいと思います。

ぺんてるオイルパステルとサクラクレパスと、
両方使いました。

アウトラインをひいて、
目を描きます。

1_01_201803202050077a6.jpg




耳の中を色つけして、
毛並みをかんがえながら、
何色かのせていって
あーして、こーして

1_02_201803202050088c9.jpg






こんなもんでしょうか。
あとは、細かいところをお直しして、ひげをかきます。

1_03_20180320205010a2c.jpg






完成。
1_05_20180320205013e85.jpg







左が見本。
細い線がかけましぇん。

1_06_201803202050152bd.jpg









チョークアート その2

こんにちは♪

今日はチョークアートです。
前回のチョークアートの記事→☆

チョークアートというより、
オイルパステル画という感じかもしれません。

前回、描いたくまさんを復習を兼ねて、
もう一度描いてみました。

下絵は、トールペイントの時に使っている
グラファイトペーパーで写しました。

2_01_20180314203914a3f.jpg





アウトラインは、ダイソーのオイルクレヨン。
目は油性色鉛筆「ダーマトグラフ」を使ってみました。
ダーマトグラフは、ガラス・金属・プラスチックにも書ける特殊な芯らしく、
書いた感じが、オイルパステルと同じ感じです。
1_01_201803142039087cc.jpg




くまさん、完成。
2_02_201803142039161d7.jpg





続いて、前回も描いたうさぎさん。
今回は、帽子も描きました。

2_03_20180314203917d76.jpg




あれっ?
すでに、帽子の形間違えてます(笑)
左側は、見本。

1_02_201803142039092a0.jpg




うさぎさん完成。
2_04_20180314203919831.jpg  



オイルパステルは、日本で開発された画材で、
それは、サクラクレパスなんだそう。
どうしても、使ってみたくなり、
サクラクレパス スペシャリスト50色を購入してみました。
1_03_20180314203910cb1.jpg



mmmが購入したときは、3000円しなかったのに値上がりしていて、
びっくりしました。
他のネットショップと値段の比較してから購入したほうがよさそうです。






左、サクラクレパス
右、ぺんてるオイルパステル

お値段ほぼ同じですけど、
大きさはかなり違います。

サクラクレパスの方が硬く、細い線は描きやすいです。
色をブレンドするのは、ぺんてるオイルパステルのほうが、よさそうです。

1_04_20180314203911cb2.jpg



できれば、サクラクレパス中心で、使いたいですー。
ここからは、サクラクレパスで描いてみました。


ねこちゃん、完成。
2_05_201803142039210b3.jpg




バンビちゃん、完成。
2_06_20180314203922993.jpg



4枚描けましたー。
2_07_201803142039244d4.jpg





前回描いたみかんちゃんですが、
目が大きすぎたので、少し修正してみました。
1_05_20180314203913288.jpg



もう少し、オイルパステルで、描いてみようと思います。



はじめてのチョークアート

こんにちは。
今日は、はじめてのチョークアートです。

きっかけは、トールペイントのハワイアン柄を探していて
こんな本を見つけたからでした。






トールペイントの図案として使えるかと思って買ってみましたが、
なんと、図案が載っていませんでした💦。

チョークアートは昔から、興味があったので、
せっかくなので、
これをきっかけに、少しやってみようかと思いました。

チョークアートに使う画材は、
オイルパステルというものでした。

とりあえず、本に載っていた、比較的安価な
「ぺんてる 専門家用 オイルパステル 49色50本セット」
を買ってみました。




使い心地はクレヨンみたいです。
クレヨンとの違いは・・・
クレヨンは、顔料とワックスが混ぜられて作られているのに対して、
オイルパステルは、顔料とオイルの含有量が多く、クレヨンに比べて
柔らかく、混色や重ね塗りができて、指でくるくる撫でると、
グラデーションを作ることができます。

1_01_20180227191115f5f.jpg





はるか昔、使ったかどうかも記憶にない「サクラクレパス」は、
なんと、オイルパステルの部類だそうですー。
とはいいえ、本格的なオイルパステルよりは、
混色しにくいらしいとのことです・・・

そして、おゆまるの色付けとして使えると買っておいた
「ダイソーのオイルクレヨン24色」も
オイルパステルに含まれるそーです。
びっくり、びっくり。

1_02_20180227191117e43.jpg






あとは、チョークボードを作る下地材が必要です。
パステルジェッソチャコールを買ってみました。



あとは、トールペイントで使っているアクリル絵の具の黒。

左側は同じジェッソと言う名前なので、
こちらも使えるかも。
1_03_20180227191118ff8.jpg




こちらの下地材は、パステルジェッソ チャコール。
そして、初めてのチョークアート。
初めてではあるものの、トールペイントと比べると
不満だらけな仕上がりです💦

1_04_201802271911201c6.jpg





こちらの下地はトールペイント用アクリル絵の具の黒です。
今度は、うさぎさんを描いてみました。
トールペイントでは出せない雰囲気で、
トールペイントに比べると
お手軽に描けた気がしましたー。

1_05_20180227191123044.jpg


これに気をよくして、
くまさんも描いてみました。

1_06_20180227191123e01.jpg


とはいえ、クレヨンのようなオイルパステルでは、
細かいところが上手く描けず、ちょっと、苦労してしまいました。

なので、トールペイントでも同じくまさんを描いてみました。
左がトールペイント。
右がチョークアート。

人それぞれ、お好みがあると思いますが、
チョークアートの方が、味があってかわいい気がしました。

1_07_20180227191132016.jpg


ということで、今度は、うさぎさんを描いてみました。
くまさんとうさぎさんの図案は、オリジナルではなく、
ビンテージのアメリカの絵本の図案を参考に描いています。

どうしても、オイルパステルでは細かいところが描けないということで、
色鉛筆を使ってしまいました💦
下地がオイルパステルがのりやすいような
ざらざらな感じなので、色鉛筆も使えました。

描けるのですから、色鉛筆使ってもいいですよねー。

1_08_20180227191133348.jpg


そーだ。
我が家の姫さま、ポメラニアンの
みかんちゃんを描いてみよー。

写真のアウトラインをトールペイントで使う、
グラファイトペーパー(消しゴムで消せるカーボン紙みたいなもの)
を使って下書き。
目のまわりや、お鼻のまわり、口や舌などは、
色鉛筆で描いてみました。

2_01_201802271911332d2.jpg



みかんちゃんが描けました。
どーでしょー。
2_02_20180227191147831.jpg



写真を見ながら、描きました。

1_09_20180227191133cad.jpg





お花やフードはトールペイントのほうが、描きやすい気がしますが、
色のブレンドは、トールでは難しいので、
指でくるくるするだけで、ブレンドできるオイルパステルは、魅力的です。

もう少し、動物は描いてみたいです。
1_10_20180227191133906.jpg