ほんわかバタバタな日
トールペイント・ドール・手芸・クラフトロボ・パソコンetc. いろいろな事の覚え書き帳です

ニードルタティング

こんにちは。

前回の塗り絵の水彩色鉛筆の記事で使っていた水筆が
ダイソーで売っていました。
「水彩用 筆ペン」という名前で売ってました。

左がぺんてるの水筆
右がダイソーの水彩用筆ペン」
筆の太さが一種類しかなくて、
小より大きいですが、試しに使ってみるにはいいのではー。


前回の水彩色鉛筆の記事→

1_01_20180517202614077.jpg




さて、今日は、タティングレースです。
タティングレースで使うシャトルですが、
ダイソーでも売っていますが、
セリアでも売っています。

セリアで売っているシャトルは、
使ってみたら、とっても優秀でした。
サイズが大と小がありますが、
太い糸で作る時は大。
細い糸で作る時は小。
mmm的には、小がお気に入りです。

1_02_20180517202616d29.jpg







最近、こんな本が発売されました。
シャトルではなく、ニードル(針)を使って、タティングレースを作ります。
シャトルで作るより、ニードルで作る方が簡単な気がします。









本も日本で、たぶん2冊しかでていません。
なので、ニード(針)もなかなか売っていません。
本の中で紹介されているネットショップで購入しました。

3号、5号、7号、8号の4本、
糸通しが2種類
針のケースが入っています。

1_03_20180517202617fa2.jpg






さっそく、40番のレース糸で7号のニードルで
作ってみました♪
シャトルで作るより、やっぱり簡単な気がします。
目も揃うし、何といっても、間違えた時に
簡単にほどけるのがいいです♪
そして、早くできる気がしますー♪
1_04_20180517202619de5.jpg





40番のレース糸ではありますが、
本をみながら、たくさんできましたー。
本当は、60番や80番のより細い糸で作りたいのですが、
まずは、練習♪、練習♪。

1_05_2018051720262112d.jpg




ではでは、
80番のレース糸で、8号のニードルを使って
作ってみたいと思います。
1_06_2018051720262220d.jpg




このニードルには、絶対糸通しを使わないと
糸は通せません。
かなり力を入れてひっばらないと通せませんが、
ニードルに付属していた糸通しは、優秀です。
普段使っている糸通しを使ったら、
一階で、壊れました💦
いまところ、壊れていませんが、この糸通しさんが
壊れたどーしましょー💦
1_07_20180517202623e5b.jpg




タティングレースの編み図です。
やじるしの方向に編んでいきます。
一筆書きのような順番で編んでいくのですが、
どこか、パズルみたいで、頭使います。
なので、間違いも多いのです。
1_08_2018051720262520d.jpg



ニードルにこんな感じで、絡ませていきます。
1_09_20180517202626e53.jpg





ここまでやったら、輪にします。
1_10_20180517202628944.jpg




輪になりましたー。
これをリングといいますー。
1_11_20180517202629e1e.jpg




こんなかんじの事をくりかえして、ここまでできましたー。
ここまでできましたが、
40番のレース糸で作った時とは大違いで、
かなり、苦労しました。
糸が細くなると、勝手がちがうみたいですー。
1_12_20180517202631741.jpg




いきなり80番でやるのは、無謀だったかもと思って、
60番でやってみました(左)
でも、かなり、苦戦しました。
これなら、シャトルの方が楽かもーと、
シャトルでも、作ってみました(右)

同じ60番の糸でも、
ニードルで作ったもの(左)と
シャトルで作ったもの右()では、
大きさや雰囲気が違いましたー。

結局、シャトルで作ったものが一番早くて、
1時間でできました。
他のものは、数時間かかりました💦
1_13_201805172026327d4.jpg



ということで、
結局、シャトルで作る事にしましたー。
40番ではニードルタティングの方が作りやすかったけど、
60番、80番は、シャトルで作ったほうが、作りやすい気がしました。
ニードルタティングには、限界があるのかもしれません。

1_15_201805172026352bd.jpg




それでも、ニードルタティングでいっぱい練習したおかげで、
今までわからなかった事が理解できるようになってましたー。
1_16_20180517202637310.jpg




それでも、タティングレースはまだまだ
わからないことがいっぱいです。

1_17_20180517202638670.jpg




かなり、出来上がってきました♪
1_18_20180517202640419.jpg




最初に作ったものにつなげながら、進んでいきます。
1_19_201805172026425dc.jpg





シャトルだと、間違えるとベテランさんならできるのでしょうが、
mmmは解くことができないので、間違いは許されません💦
ドキドキで真剣です💦
1_20_201805172026433b8.jpg



完成でーす。
ありっ?
ニードルタティングしてるはずが、
シャトルで作ってました(笑)

1_21_20180517202718453.jpg




でも、ニードルタティングでいっぱい練習したから、
60番でこのレースが作る事ができた気がします。
1_22_20180517202719c93.jpg




使う目的は特にありません(笑)
とにかく、作ることが楽しいタティングレースなのでした。
1_23_201805172027218cc.jpg















スポンサーサイト

久しぶりのタティングレース 

こんにちは♪

今日はタティングレースです。

以前練習で作ったタティングレースを
フレームに入れて飾ってみようかと思います。

背景をアンティーク風にしてみました。

こんな感じでどうでしょう?
1_01_20180306215555ac8.jpg






茶系の背景
1_02_20180306215557145.jpg




フランス語のお手紙の背景
1_03_20180306215559277.jpg



ボタンの箱のデザイン
1_04_20180306215600fc3.jpg



赤ずきんちゃん風
1_05_201803062156016df.jpg



横型にしてもいいかもです。
2_01_20180306215605e31.jpg


この背景は、
こちらの本からプリントアウトしました。













粘土で作った、小さなフレームに
1つだけいれてみては、どうでしょう。

2_03_201803062156086e6.jpg



前に作ったフレームなので、歪んでいます💦
作り直さないと・・・
2_04_2018030621561092d.jpg




忘れてしまいそうなので、
久々にタティングレースを作ってみましたが、
すでに忘れていました(笑)
また、本とにらめっこして、作ってます💦

2_06_20180306215613d7c.jpg


私のタティングレースのバイブルは、こちら。







なんとか、できました。
定期的に作らないと、また、忘れそうです。

2_07_201803062156140b8.jpg


こちらと
2_05_201803062156113e2.jpg




こちらで、
飾ってみることにしました。
1_06_201803062156030bd.jpg





久しぶりにセリアに行ったら、タティングレースの道具の
タティングシャトルが売っていました。
まだ、このシャトルで、作ってみていませんが、
透明で、先もちゃんととがっていて、
優秀そうです。

1_07_20180306215604c35.jpg




タティングレース ダイソーのシャトル

こんにちは♪

今日はタティングレースです♪

ついに、ダイソーで、タティングレースの道具の
タティングシャトルをみつけましたー♪

2_01_20170715222322e73.jpg




むふふ。
3つも入っていて、100円です♪

1_01_20170715222310d2b.jpg




こちらは、5個で、1200円。
1_02_201707152223126ab.jpg



大きさを比べるとこんな感じ。
ダイソーのシャトルの方が、大きいです。

1_03_201707152223149a2.jpg



一番気になっていたのが、先っぽ。
この先っぽで、結いまちがえたところをほどいたするので、
かなり重要なのです。

そして、想像していた通り、ここに大きな
違いがありました。
1_04_20170715222315a3c.jpg



ちょっと、やすりで削ってみましたが、
同じように削るのはかなり、大変そうです。
1_05_20170715222316ab5.jpg




正規のものほど、尖らせることはできませんでしたが、
結ってみました。
タティングレースは、編むというより、
結ぶの連続なので、結うと表現します。



太い糸に関しては、ダイソーのシャトルでも、
問題なくできました♪
1_06_201707152223183c5.jpg




今まで作ったタティングレースのモチーフを
セリアのフォトフレームの2枚ガラスの間に
入れてみました。
1_07_201707152223203c2.jpg




入りきらなかったもの。
一番上の細いものは、ブレスレットです。
1_08_20170715222321579.jpg  










タティングレース その後♪

こんにちは♪

今日はタティングレースです♪

タティングレースを始めて以来、
タティングレースにはまっています♪

最初は、家にあった、たぶん30番くらいの
レースで練習していましたが、
ダイソーで、40番のレース糸を見つけたので、
買ってみました♪

タティングレースに使う、
「シャトル」と呼ばれる糸巻きも、
ダイソーに売っているらしいのですが、
まだ、見たことはありません。

ダイソーにタティングレース用の「シャトル」が売っているということは、
密かに、タティングレースは、流行っているのでしょうか~

 1_01




ネットで、ダルマの60番と、
タティングレース用の糸(細)も買ってみました。
タティングレース用の(細)は70番相当らしいです。
レース糸は、番号が大きいほど、細いです。
1_02



ダイソーの40番を使ってみたら、
思ったより細くて、いい感じにできましたが、
ダルマの60番レース糸を使ってみたら、
さらにいい感じにできたので、
今は60番ばかり、使っています。
1_03



60番を使って作りました。
1_04





こちらの本を教科書がわりにしています。
とっても、わかりやすく書いてあります♪








とっても時間がかかる割に、
ちんまり、小さいものしかできません。
でも、繊細な出来上がりは、
タティングレースならではのものです♪

とにかく、正確に丁寧に図案通りに作っていくだけです。
そして、間違うと、ほどくのは、かなり大変で、
進み方はパズルのようで、
一見、楽しくなさそうなのですが、楽しいです。
不思議です~。
ただだ、上達したくて、作っていますがね
完成したものは、特に目的がありません💦
1_05







小さくて繊細なので、ドールに似合いそうです。
ドール用に作っている人はいないかと検索していたら、
なんとー、この本に載っている事を知りました。

この本、持ってますー。
しかも、表紙にタティングレースが載っています。

この本を買ったころは、タティングレースにまったく興味がなかったので、
まったく、目に入ってこなかったのですねー。





こちらに載っているタティングレースも、
作ってみようと思います♪



タティングレースはじめました♪

こんにちは♪

ちょっと前から気になっていたタティングレース。
挑戦してみました♪

タティングレースとは
シャトルと呼ばれる糸巻きを使って、
結び目の連続で作るレースのことです。

本とネットの動画を繰り返し見て
理解してできるまで、ちょっと、時間がかかりましたが、
なんとか、できてるかなーという感じです。

1_01




ちょうちょのモチーフ。
知恵の輪的な感じもするタティングレースですが、
はまりました♪

時間がかかるわりに、出来上がるものは小さくて地味ですが、
なんだか、楽しくて、やりはじめると止まらない感じです。

1_02





1枚目の写真のモチーフを重ねて
バラのお花のネックレスを作りました。
ちょうちょのモチーフもストラップに仕上げました。

1_03




出来上がった作品は、なんともかわいくて、
作っていても楽しいです。

道具もシャトルという糸巻きとレース糸があれば作れて、
とってもお手軽で場所もとらず、
羊毛フェルトと並んで、一生の趣味にできそうです♪
1_04




こちらの本を見て作りました






もう1つ、レース編み。
こちらはかぎ針編みです。

レース糸の80番や100番で編む
めちゃくちゃ細かいレース編み。
編めるかどうか、自信はありません。
小さくて、見えなーい!
1_05




こんな作品が作りたいのですが・・・




80番のレース糸がどれくらい細いかというと、
パッチーワーク用の50番の糸よりやや太いくらいです。
かぎ針編みできるか、少々不安ですが、
この80番のレース糸を使って、
タティングレースなら、
もしかして、なんとかなるかもです。
1_06








まだ、簡単なモチーフしかできませんが、
作れるようになったのが嬉しくて、

1_07





本を覗き込みながら、
いろいろ練習中。

1_08





まだまだへたくそですが、
80番のレース糸(左)でタティングレースで編んでみました。
右側のレース糸は、番号がわかりませんが、
たぶん30番くらいだと思います。
同じ編み図で編んでます。

厳しいながら、タティングレースなら、極細の糸でも、
編めるかもしれません♪

1_10